キャッシング会社と
貸倒引当金


貸倒引当金とは、期末の売掛金に対して、将来の貸倒れ(回収不能)での損失に備えるために、事前に期末残高に対する一定割合で積み立てておく資金の事。

クレジット会社は「与信」企業のため、未収金の発生は避けられないので、貸倒引当金は売掛金に対するリスクに備えての積立て。貸倒引当金の経理基準は、法人税法では、貸倒引当金について、一定の限度額を定め、その限度額以内の金額を損金経理により引当金勘定に繰り入れたときには、損金の額に算入することを認めている。貸倒引当金勘定への繰入限度額の計算は、期末貸金の額に一定の繰入率を乗じて行なう、この繰入率には、業種ごとに定められた法定の繰入率と、過去3年間の貸倒損失発生額に基づく実績率とがあり、企業は毎期ごとにいずれかを選択する。


お金借りられる金融ローン